2006年03月06日

妄想とか妄想とか妄想とか vol.1

◇□◇ 人から聞いた夢の話 ◇□◇

どこからともなく水音が響いてくる。
目を閉じて枕に頭を乗せたまま耳だけが、ぽつんぽつんと音に反応していた。
静かな青白い水面に水滴が落ち波紋が広がる、そんな空気の奏でる音。

ふと気がつくと、足元に白い服を着た女性らしき薄暗い色の人影がうずくまっている。
半身を起こし、その人影をつっついてみた。

ぺらんとその人影が崩れ落ちて、そのまま消えてしまった。

音もそれと同時に聞こえなくなってさ、綺麗な音だったのにもったいなかったな。
と話してくれた人が言っていた。


◇□◇ お酒が好きなおばけが居た話 ◇□◇

その日、友人が日本酒を持って遊びに来ていた。
せっかく持ってきてくれたし、と言う事でそのお酒を一緒に飲む事になり、
部屋で飲み始め、そのまま杯を重ねるうちにいつしか眠たくなり、
机の片付けは起きてからやる事にして、そのまま眠りについた。

朝起きると、机の上のコップの中と一升瓶に3分の1程残っていたはずのお酒が
カラになっていて、コップも一升瓶の中もカラカラに乾ききっていた。
お互いに『おまえがこっそり飲んだんだろう』と言い合っていたのだけれども、
『でもね。普通に飲んだだけなら中がカラカラに乾いてるはずないよね?
その日を境に部屋の中にあった変な気配が消えたんだよね。』
その変な気配は、きっとお酒が飲みたかったに違いない。お酒を飲んで満足したのだろうと思う。

posted by くらりん at 14:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。